さぎさか歯科|浜松市中区佐鳴台の歯医者さん

さぎさか歯科|浜松市中区佐鳴台の歯医者さん。インプラントや顎関節症治療など

 

歯に違和感を感じたり、痛みや出血などがある場合は、まず一般歯科で検査やカウンセリングをおこなっていただきます。応急処置が必要な場合は、先に治療をおこなう事もあります。治療は患者様とのコミュニケーションをしっかり取った上で、不安な気持ちを取り除いていただいてから進めていきます。

虫歯進行のメカニズム

虫歯とは、歯が虫歯の原因であるミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう事です。 これを脱灰といいます。しかし健康な歯は、ただ溶け続けるだけでなく、自然に元に戻ろうとする力があります。これを再石灰化といいます。 普段は脱灰、再石灰化をくりかえしているので、このバランスがしっかり取れていれば、虫歯は進行しません。

しかし、お口の中のプラーク(ばい菌のかたまり)が残って歯の表面が「べとついた状態」が続くと、それをエサとして虫歯菌(ミュータンス菌)の活動が活発になります。そうすると歯が溶けるスピードが早くなり、歯が持つ元に戻ろうとする力(再石灰化)が追いつかず虫歯になってしまいます。そしてこれを放っておくとさらに内部へ広がっていき、どんどん虫歯が進行していきます。

虫歯がひどくなる前に。放っておくと大変なことに…

虫歯は英語「Caries」の頭文字に番号をつけて進行状態を表します。番号が大きくなるほど虫歯は大きく治療も困難になっていきます。最悪の場合は抜歯をしなければならないケースもあります。大切な歯を失う前に、早期治療を心がけましょう。

歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みは特に無い状態です。 虫歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。
虫歯が象牙質の大部分まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。虫歯の部分を削り取り、詰め物がしやすいように形を整えます。この時点で治療すれば神経をとらずに済みます。
虫歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。ここまで進行してしまうと神経を取らなければいけないでしょう。歯に栄養を与える神経が無くなると歯はもろくなり、欠けやすくなります。
虫歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。顎の骨まで虫歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりします。抜歯をするか、症状によっては根管の治療を行ないます。こうなる前に急いで治療しましょう!

MTA覆髄治療(歯髄保存治療)

歯髄近くまで進行した重度の虫歯は刺激により歯髄が炎症を起こしやすいため歯髄を保存する覆髄処置が必要になります。しかし成功率がそれほど高くないため、結果的に神経を取る抜髄処置が必要になることもあります。

そこでレジンやケイ酸カルシウムを主成分としたMTAという覆髄治療の材料が開発されました。これを用いて歯髄保存治療を行うと、高い確率で神経を残すことができます。

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)とは、ケイ酸カルシウムを主成分とし、生体親和性や石灰化促進作用、 抗菌性に優れた革新的な材料です。これにより、以前よりも神経を残す治療が可能となりました。

MTAセメント4つの特徴

削る量を最小限にし、神経を守る

エナメル質に穴が開き象牙質まで到達すると虫歯の進行は速くなります。虫歯の治療で虫歯を削り取っていく時に象牙質の中の歯髄(いわゆる神経)に到達すると歯髄を取り去り、根管を拡大、消毒後そこに薬をつめて密封する治療(抜髄、根管充填)が必要になります。

ところが歯髄の腔は複雑な形をしていて抜髄は非常に困難な治療です。また抜髄した歯はその後だんだんと劣化して破折をしやすくなりますし、また根の先の骨の中に病巣を作ることもあり、歯の寿命は確実に縮まります。やはり抜髄をしないことが大切なのです。


MTAセメントは虫歯が歯髄に達したときにそこを封鎖して歯髄を守るために使用します(覆髄)。抜髄をしないため、また無駄に歯を削らないために歯の寿命を縮めず長持ちさせる効果があります。

安心・優しい

・MTAは硬化前は強アルカリ(pH:12.5)の為、根の先や歯髄の細菌に対しての殺菌(静菌)効果も期待できます。
・MTAは膨張しながら硬化すると密封性が高くなり、また中性となるため為害作用がなく、しかも生体親和性の高い身体に安心安全な材料です。

再発予防

・MTAは水分があっても歯と接着するので、細菌の浸入を食い止める働きもあります。

プラスの効果

・抜髄処置をしないため、クラウンなどの費用を抑えることが出来ます。

診察時間
携帯サイト