さぎさか歯科|浜松市中区佐鳴台の歯医者さん

さぎさか歯科|浜松市中区佐鳴台の歯医者さん。インプラントや顎関節症治療など

歯周病は生活習慣病のひとつで、成人の8割の方がかかっていると言われているとても身近な歯の病気です。また、30代以降の方が歯を失う原因として最も多い割合を占めています。
自覚症状が少ないため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているケースが多い危険な疾患です。そして、進行が進み歯が溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、ある程度進行してしまった歯周病に対しては、抜歯するしかないというのが現実です。

歯周病の原因

歯並びが悪い場合、食べカスが残りやすくブラッシングの際に磨き残してしまいがちです。また、噛み合わせが悪いと歯にかかる力のバランスが崩れ、許容範囲以上の力がかかり大きな負担をかけてしまいます。
タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素などの有害物質は、ビタミンCを破壊し、血流の低下と酸素不足を招き、白血球の力も低下させ細菌への抵抗力を弱めてしまいます。また喫煙期間が長い方は、歯茎のも黒っぽく変わってくるため、歯周病の症状である炎症も気がつきにくくなってしまいます。
詰め物が合っていないと食べカスが挟まりやすい部分や、歯磨きの毛先が行き届かない部分が生まれてしまいます。また、きちんとご自身に合った入れ歯を使用しないと、痛みや違和感を感じ、装着することを敬遠しがちになってしまいます。そうすると、周りの歯は支えがなくなってしまい、歯並びに影響が出てきます。
歯周病は糖尿病の6番目の合併症と言われています。その原因として、糖尿病が進行すると血糖値が高くなり、歯ぐきの毛細血管の血流が悪化、血液が行き渡らず細菌への抵抗力が低下して歯周病にかかりやすいと考えられています。また最近の研究では、歯周病も糖尿病を悪化させるという、相互の影響が指摘されています。

歯周病の進行

歯周病の進行段階は、大きく分けて4段階に分けることが出来ます。段階によって症状や治療法が異なります。多くの方が、「歯がぐらつく」などといった自覚症状を感じてからはじめて歯科医院に来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行してしまった状態なのです。歯周病に限ったことではありませんが、できるだけ早期発見が歯を残すにはとても大切です。そのため日頃から予防にたいする意識を持ち、もし歯周病になってしまっても初期段階での症状を見逃さないようにすることが重要です。

歯周病の治療

患者様の歯周病の進行具合によって、治療の方法も変わります。比較的経度の状態であれば正しい歯磨き法、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)による汚れの除去、フッ素塗布等を行います。治療の際には患者様の歯に対する意識を変えることが非常に重要です。日頃からケアするという習慣を身につけ、継続的な取り組みにより大幅に歯周病が改善する場合もあります。

炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要になります。この場合にも治癒するには治療後のブラッシングが非常に重要です。

■歯周ポケット掻爬術
スケーラーという器具を用いて、歯石や炎症をおこしている歯肉を取り除き、歯周ポケット内を清潔にします。歯根面に新付着へ導くことによって、歯周ポケットを減少させる治療です。手術後の正しいブラッシングによって歯肉は歯に再びつき、ポケットはなくなります。

■フラップ手術
歯周ポケットが5mm以上と歯周病が進行した重度の場合におこなう手術です。歯肉をはがし、歯石や汚れ、歯槽骨の整形、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去し、歯肉を元の状態に戻します。

■組織再生誘導法(GTR法)

重度の歯周病によって後退してしまった歯肉や歯槽骨などの歯周組織を再生・誘導する手術です。この方法は歯の周りに失った骨などを、より積極的に再生させるという方法です。

歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去します。その後、特殊な保護膜(メンブレン、自家骨人工膜等)を使用して歯根膜・歯槽骨が再生できるよう保護し、歯肉を元の状態に戻します。
保護膜の使用は、歯根膜・歯槽骨・歯肉などの歯周組織は再生に要する時間が異なり、再生の遅い歯根膜・歯槽骨のために十分なスペースを確保しておくためです。このスペースがないと骨の再生スピードは遅いため、上皮や歯肉が入り込んでしまいます。従来の治療法ではこのような積極的な骨再生は困難でした。

ただ、この手術は失われた歯周組織を健康な状態に回復しますが、歯周病が広範囲にわたるなど、手術をおこなえない場合もあります。

診察時間
携帯サイト